ドメイン
FX
TeamT&F PSP、DSを完全活用しよう! - CFW導入手引き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CFW導入手引き


初心者の方やPSPを改造したいけどどうすればいいのかわからない方のために解説していきます。



長いですw





現在最も普及していて有効的なものが Custom Firm Ware(カスタムファームウエア)というもので、これをPSPにインストールすると以下の事が可能になります。

- UMDをメモリースティックにコピーして起動
- 自作アプリの起動(エミュレータやツールなど)
- プラグインが使用可能(スクリーンショット、チートの使用等)
- PS1ゲームをPSPでプレイができる
- その他

これらの機能をすべて実現できるのが CFWです。
CFWをどうすればインストール可能かということを説明したいと思います。

1)PSPのFWを確認する。 



1.XMBの 設定 の項目にある「本体設定 →  本体情報」を選択します。



2.システムソフトウエア の項目を確認する。

ここで表示されているバージョンが 1.51 以上 である場合は  CFW を導入する事ができません。

なぜ導入できないのか?というとバージョン が 1.51 以上 の場合、CFWをインストールするためのインストーラーがSONYの対策によって起動できないようになっているからです。
また、一度バージョンを上げてしまったら下げる事ができません。

そこで PSPのセキュリティーホール(バグ)や UMDのセーブデータのセキュリティホール(バグ)を使って バージョンを 1.50 にし、CFWのインストーラーを起動できるようにします。
このことを「ダウングレード」(PSPのバージョンを 1.50 に下げる)といいます。

なので PSP-1000 の場合 ダウングレード をすれば CFW を導入することができます。

しかし PSP-2000 の場合 本体の仕様により ダウングレード をすることができません。
そこで「パンドラバッテリー」というもの使うことにより ダウングレードしなくても PSP-2000 に直接 CFW を導入することができます。

また この パンドラバッテリー はPSP-1000 でも使用可能なので ダウングレード無しで 直接 CFW を導入することができます。

PSP-3000 や 対策された PSP-2000 については 物理的に対策されているため CFW を導入することができません。

しかし CFW Enabler を使うことによって メモリースティックから CFW のファイルを読み込んで 一時的 に ISO/CSO 起動 や プラグインの使用、自作アプリ が起動できるようになります。

一時的 とは CFW Enabler を動作させてから一度 PSPの電源を切ったりすると 通常の FW に戻ってしまうため PSPを起動するたびに CFW Enabler を起動する必要があります。 
これが CFW との大きな違いとなります。

※スリープモードなら CFW の状態が保持されます

また PSP-3000 の バージョンは FW 5.03 以下でなくてはなりません。


 

2)HENを使いCFW導入



1.ChickHEN Homebrew Enabler R2をダウンロード。



2ー1.解凍してできた ChickHENR2 フォルダの中にある PHAT フォルダを  メモリースティック の PSP/PHOTO/ フォルダの中にコピーします。  ※PSP1000の場合



2-2.解凍してできた ChickHENR2 フォルダの中にある SLIM フォルダを開き、ChickHEN フォルダを メモリースティック の PSP/PHOTO/ フォルダの中にコピーします。

※PHOTO フォルダがない場合は 右クリック>新規作成>フォルダ で作成する



3.これでHENの導入は完了です。

3)HENの起動



1.PSPの 本体設定>文字セット を選択して US に変更する。



2.PSPの フォト>メモリースティック を選択します。



3.画像のサムネイルがロードされ しばらくすると自動でPSPが再起動します。

※ここでフリーズしてしまったら、もう一度画像のサムネイルを開きましょう。



4.本体設定>本体情報 で システムソフトウェア が 5.03 ChickHEN R2 になっていることを確認します。



5.これで HEN の起動は完了です。
 


4)-1"Recovery Flasher"を使ってCFW化!

PSP-1000 及び 対策前の PSP-2000 にCFWを導入する際には 最低でもパンドラバッテリーが必要ですが HEN を使うことによって パンドラバッテリーがなくてもCFWの導入が可能です。

これにより パンドラバッテリーを用意する必要がなく パソコンさえあれば FW 5.03 以下の PSP-1000 及び 対策前の PSP-2000 にCFWを導入できます。 対策基盤又はPSP3000で実行するとPSPが壊れます。

※バージョンは FW 5.03 以下であることを確認して下さい。

1.FWを5.03にアップデートする。※FWが5.03だった人は必要ありません。FW5.03のアップデータをこちらからダウンロードする。

2.解凍して出てきたEBOOT.PBPをメモリースティック:PSP/GAME/UPDATE/EBOOT.PBPにコピーする。

3.XMBから「PSP アップデート ver 5.03」を起動します。

4.FW 5.03 アップデート画面 が表示されるので 指示に従ってアップデートする。

5.これで FW 5.03 アップデートは完了です。
5)-2"Recovery Flasher"   導入


1. Recovery Flasher V1.5をダウンロードして下さい。

2.解凍してできた 25281_rflash150 フォルダの中にある RECOVERY フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。

3.FW5.00のアップデータをダウンロードします。

4. 解凍してできた FW5.00 のアップデータ(EBOOT.PBP) を 500.PBP という名前に変えます。

5.名前を変えた 500.PBP を 先ほど メモリースティック にコピーした RECOVERY フォルダの中にコピーします。

6.これで Recovery Flasher の導入は完了です。
5)-3CFW導入


ここからの作業はPSPのflashを書きかえますので 作業の途中で電源を切ったりMSを抜いたりしないでください。
電池は78%以上で作業は充電器をつなげたままの状態にしてください。
以下の手順を踏むことによりPSPが最悪壊れてしまう可能性があるので自己責任でお願いします

1.XMB から「Recovery Flasher」を起動します。

2.文字が表示されるので、「I AGREE,now take me to the probram!」のところで×ボタンを押して下さい。

3.文字が表示されるので、「Install M33 CFW (of version select avobe)」で×ボタンを押して下さい。

4.文字が表示されるので。「reset (format) setting as well」で×ボタン。

5.するとファイルの展開と CFW のインストールが始まりますので しばらく待ちます。

6.インストールが終了すると文字が表示されるので 何かボタンを押すと自動で電源が切れます

7.XMB から 本体設定>本体情報 で CFW 5.00 M33-4 となっていれば CFW の導入は完了です。 

                              
                              お疲れ様でした。(-゜ 3゜)ノ
関連記事

[ 2009/09/04 22:09 ] CFW情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブログパーツ
アクセスカウンター
ただいまの閲覧者数:
公開CFW・HEN
PSP-1000
CFW 5.50 GEN-D2
CFW 5.50 GEN-D3 NEW!!

PSP-2000
CFW 5.50 GEN-D2
CFW 5.50 GEN-D3 NEW!!

PSP-3000 & PSPgo or 対策基盤
HEN 5.03 GEN-B(full)
HEN 5.03 GEN-C(full)
HEN 6.20 TN-A
HEN 6.20 TN-B NEW!!
アフィリエイト
カテゴリ

全ての記事を表示する

♪友人リンク♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。