ドメイン
FX
TeamT&F PSP、DSを完全活用しよう! - PSP-3000や対策基盤のPSP-2000でISO起動などCFWの機能を使う方法まとめ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PSP-3000や対策基盤のPSP-2000でISO起動などCFWの機能を使う方法まとめ。




今回は「ChickHEN」を使い、PSP-3000や対策基盤のPSP-2000でISO起動などCFWの機能を使う方法のまとめ版です。
※FW5.03以下のPSPが対象です。



手順としては、「ChickHEN」→「CFWEnabler 3.60」です。

まず、「ChickHEN」の起動解説から。

「ChickHEN」起動解説

1.ChickHENをダウンロードして解凍します(CFWEnabler 3.60も入っています、後で使いますので)。

「ChickHEN+CFWEnabler 3.60パック」→(`・ω´・)b
PSP-GEN→(`・ω´・)b

2.解凍後出てきたHuugHENフォルダ内の各ファイル・フォルダをすべてそのままメモステのルートディレクトリにコピーします。

3.PSPの 本体設定>文字セット を選択して US に変更する。



4.PSPの フォト>メモリースティック を選択します。



5.画像のサムネイルがロードされ しばらくすると自動でPSPが再起動します。

※ここでフリーズしてしまったら、もう一度画像のサムネイルを開きましょう。



6.本体設定>本体情報 で システムソフトウェア が 5.03 ChickHEN R2 になっていることを確認します。







「CFWEnabler 3.60」の起動解説

1.先ほどダウンロードして、PSPのメモリースティックに書き込んだ「CFWEnabler 3.60」をXMBから起動します。

「ChickHEN+CFWEnabler 3.60パック」→(`・ω´・)b


2.「Flash And Start」を ○ボタン で選択します。



3.確認画面が表示されたら、「はい」をクリック。



4.「succesfully!」でインストール成功です。
○ボタンを押して再起動します。




5.本体設定>本体情報 で システムソフトウェア が「5.03 MHU」になっていることを確認します。

6.これで「CFW Enabler」の導入に成功です。

※CFW Enabler は一時的に ISO/CSO 起動 や プラグインの使用、自作アプリ が起動できるようになるだけで CFW Enabler を動作させてから一度 PSPの電源を切ったりすると 通常の FW に戻ってしまいます。

※スリープモードなら 5.03 MHU の状態が保持されます。


CFW Enabler の起動が2回目以降の場合

1.「ChickHEN」を起動させます。

2.XMB の ゲーム>メモリースティック から「CFWEnabler 3.60」を起動します。

3.自動でPSPが再起動し CFW Enabler が起動します。





プラグインを入れたい場合

1.「Settings」を ○ボタン で選択します。



2.「Plugins」を ○ボタン で選択します。



3.プラグインの設定を変えることができます。 ♪(*・ω・*)






これで、一通り終了です。
当然めんどくさいですが、対策基盤やPSP-3000で吸い出したISOや自作ゲームが起動出来るのです。

多少は目をつぶってがんばってください。(´・ω・`)/~~

お疲れ様でした。(-゜ 3゜)ノ
関連記事

[ 2009/10/12 19:23 ] HEN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブログパーツ
アクセスカウンター
ただいまの閲覧者数:
公開CFW・HEN
PSP-1000
CFW 5.50 GEN-D2
CFW 5.50 GEN-D3 NEW!!

PSP-2000
CFW 5.50 GEN-D2
CFW 5.50 GEN-D3 NEW!!

PSP-3000 & PSPgo or 対策基盤
HEN 5.03 GEN-B(full)
HEN 5.03 GEN-C(full)
HEN 6.20 TN-A
HEN 6.20 TN-B NEW!!
アフィリエイト
カテゴリ

全ての記事を表示する

♪友人リンク♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。